法定相続情報証明制度

 平成29年5月29日より法定相続情報証明制度が開始されました。

 これに伴い、今後、預金の相続において金融機関から「認証文付きの法定相続情報一覧図の写し」の提出を求められるケースが出て来ると思います。法定相続情報証明制度の利用には、被相続人(死亡者)の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本等をすべて揃えて法務局での手続きが必要です。新しい制度で馴染みのない手続きですから、戸惑うかもしれません。
 行政書士は、代理人として手続きを行うことができますので、「認証文付きの法定相続情報一覧図の写し」の提出を求められたら、行政書士にご相談ください。

 

【問合せ・ご相談は】
電話:090-8602-2464(支部長:中本)
メール:こちらから